私立小学校を受験させて、受験に追われる生活を送ることがないようにしたい、と考える親は多いです。教育方針に合う学校を見つけて通うことができますし、レベルの高い勉強を行うことができるかもしれません。私立なので費用は高額になってしまいます。私立小学校受験をするということは経済的にもある程度余裕がなければ出来ないことです。授業料が足りなくなって、退学を余儀なくされるということがあってはいけません。また幼稚園のうちから勉強をしなければいけないということがあるので、子どものうちに自由になる時間を奪ってしまうことにもなります。遊ぶ時間よりも勉強をする時間が必要となってくるので、子どもらしさを身につけることができなくなるというリスクもあるので、全てを理解した上で勉強をさせることを考えたほうがよいでしょう。中々厳しい場合もあります。

私立小学校受験における面接での服装

私立小学校では面接が重視される傾向があるので、受験の際にはペーパーテストのみならず面接対策はしっかりと行うのが大事です。もちろん、面接官からの質問にきちんと答えるのは重要ですが、当日は服装にも気にかけるようにします。第一印象も面接試験に受かる上では重要視されるので、志望している小学校に合格したいのであれば、気を付けたい事です。どの服装が良いのかといえば、親も子どもも正装が無難だと言えますが、色は目立たない色にしておくのがベターです。たとえ正装であっても、派手な色だと面接官が抱く印象が悪くなるので、着ていく正装の色にも気を配っておくようにします。私立小学校に受かるには、子どもの正確に相応しい学校を選ぶという事、早めに準備をしておくという事も大切です。しかし、以上の事も加えて、外見でマイナスのイメージを抱かせないようにするためにもきちんとした服装で臨むのが賢明です。

私立小学校の受験における長所

私立小学校はペーパーテストのみならず面接もあり、充分な対策を講じておく必要がありますが、受験に合格すればもたらされる長所もあります。一つ目は、学校への入学が認められれば、例えば中学校から高校へ進学する場合における負担がなくなるという点です。公立に通った場合、高校へ上がるのに受験する必要がありますが、私立小学校の場合はその事態が起こらなくて済む場合があります。なお、このメリットは中学校受験でも同様に言えることでもあります。二つ目は、公立とは違った教育が受けることができるという点です。私立では、学校によって特色が異なっているという性質があるので、その分、個々の生徒が持っている特性が伸びやすいというところも長所として挙がっています。他にも長所があり、進学する際に親しい友達と離れ離れになる事がないという部分もそれに該当します。

想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 私立小学校の受験をするならこちら